ウォシュレット 取り付け 費用

ウォシュレットの取り付け費用は何にどのくらいかかるか?

費用の内訳は大きく分けて三つです。

 

  • 取り付け費用
  • 製品価格
  • 処分費用

 

取り付け費用

取り付け費用は業者によってばらばらだったりします。

 

大きな家電量販店ならウォシュレット本体+取り付け費用をセットにして販売しているところもあれば、ウォシュレット本体はお客さんが自分で用意して取り付けだけをしてくれる業者もあります。

 

この時にどこの業者に頼むかで総費用が大きく変わってきます。

 

ウォシュレット本体価格と処分費はどこに頼んでも費用に違いはないのですが、取り付け費用だけは業者によってばらばらに設定されているからです。

 

1万円くらいでウォシュレットを取り付けてくれる業者もありますが、そういったところはウォシュレット本体価格でうまく帳尻を合わせようとしているので、取り付け費用を安くしてくれているわけです。

 

取り付け費用が少々高くても、総費用を見たら他の業者に頼む方が安くつくなんてこともあります。

 

賢くウォシュレットの取り付け費用を抑えようと思うと、しっかりと知識をつけないといけません!

 

賢く業者を探す方法を紹介

製品価格

どこのメーカーの製品を使うかによってかなり差が出てくる部分ですが、有名メーカーの製品だと

 

TOTO

  • アプリコット   :128520円〜
  • ウォシュレットS :93960円〜
  • ウォシュレットSB:83160円〜

INAX

  • RWシリーズ:51901円〜
  • RVシリーズ:30240円〜
  • RGシリーズ:20980円〜

ウォシュレット本体価格だけでも大きな費用の差があるのがわかりますね。

 

処分費用

ウォシュレットトイレを買う場合、ウォシュレット便座を上から取り付ける場合とトイレを丸ごと交換する場合があると思いますが、丸ごと交換する場合はトイレの処分費用がかかってきます。

 

これは地域によってばらばらなのですが、8000円〜20000円くらいで処分ができます。

 

業者によっては取り付けを依頼してくれたら処分費用は無料にしてくれるところもあるので、できるようならお願いした方が良いですね。

 

自分でウォシュレットを取り付けようとして失敗しました

実はウォシュレットトイレを自分で取り付けようと思っていました。

 

ただ、説明書を見てもなにがなんだかちんぷんかんぷんでわけがわかりませんでした。

 

丸三日、説明書と格闘したのですが結局埒が明かず、ウォシュレットを取り付けてくれる業者にお願いすることになりました。

 

ネットで探してもはっきりとした取り付け費用なんて見つからなかったので、適当に近くの工務店に頼んだのですが費用がなんと50000円

 

あまりの大金にびっくりしたのですが、もう取り付け工事は終わっていたので払わざるを得ませんでした。

 

実家のトイレをリフォーム:賢く業者を探す方法

実家の母がトイレをリフォームしたがっていたので、一緒にリフォーム会社を探すことになりました。

 

私は一度ぼったくり価格でトイレをプチリフォームしていたので、次こそは絶対に誠実でちゃんとした工務店にお願いしたいと思っていたので色々と勉強しました。

 

その時に見つけたのが、こちらの本です。

 

ウォシュレット 取り付け 費用

 

この本の中には悪徳リフォーム業者に騙されない知恵が数多く載っています。

 

一部をご紹介すると

  • 最小の費用でリフォームを成功させる方法
  • リフォーム工事の平均費用
  • 信頼できるリフォーム会社を探す方法

 

特にトイレのリフォームに関することが紹介されている青色の本が非常に参考になりました。

 

私がウォシュレットを取り付けた時の総費用が

  • 本体価格:7万円
  • 取付費用:5万円
  • 処分費用:0円
  • 総費用  :12万円

だったのですが、青本によると洋式トイレのリフォームなら15万円〜25万円でトイレ本体丸ごとのリフォームができるようです。

 

事前にトイレリフォームの費用相場がわかっていたら、ウォシュレットを取り付けるだけじゃなくて丸ごとリフォームをしていたと思います。

 

ウォシュレットを取り付けたいと考えている人でも、一度こちらの本を読んでおいた方が賢く業者を探すことができるようになりますよ。

 

ウォシュレット 取り付け 費用